わたしは複利の女      そう金利で増えてく女なの

育英会から1500万円借りて寝れなくなって猛勉強! 1000万貯めて資産運用

100才まで生きる時代人生の迷信を忘れようと思った

100才まで生きる時代に人生の迷信を忘れようと思った

 

f:id:Blue2sky:20181128170813j:plain

 

 

24歳でクリスマスケーキみたいに値下がりするんだよ。

23歳当時彼氏だったひとに言われびっくした記憶がある。

彼は、かなり地方出身なので結婚する平均年齢についての認識がちがった。

うちの祖母もこれに近い考えでそういえば18歳から結婚しろと迷信の呪いをかけられ続けていた。

 

これに近いことが現在でもよくある。

知人や親せきからもらう呪いのような迷信。

とくに、100歳までいきるのが当たり前になる時代。

自分で正解を考えて生きていかないとね。

 

 

こういう、年齢的な職業ポイントはあるかもしれない。ただ、そんなことも乗り越える唯一の存在になれば関係ない。

 

ある日、人生に迷って就職試験を受けたことがある。たぶんSPIとかなんとかいう試験もあって知らなかったわたし。なんの勉強もしないで受けたけど、全く分からなかったので点数はかなり低いと思う。その点数を見て、ひどいことを言う社長の会社とつながりのある人が私をかってくれて数時間かけてスカウトに来てくれた。

 

自分のやりたいことじゃないので断ったけど、今ならそんなに熱心にスカウトするならうけたなと少し後悔。そういえば就職氷河期だったので同じ研究室の同期では書類で落ちまくるひともいた・・・・。リクルートに就職した子もいたけど。もしかしたら、惜しいことをした。

 

ただ、こういうことは、たぶん頑張っているとよくあることで、その後も就職内定やいろいろな話をもらったし、お世辞かもしれないけど感謝してくれることが多かった。

 

当時の私は、大失恋と、研究もなんかよくわからないことになり、ついでに他の人間関係もごたごたして、母も熟年離婚してそのあと変な人と再婚して、大好きな祖父が亡くなったり、世の中のすべてが信じられなくなっていてさまよっていた。

 

そのときに、就職試験で内定貰ったり、時間をかけてスカウトにきてくれたりで勇気づけられて自信をもってやりたい道にすすんだ。感謝しかない。

そして、そんな中でも友達はみんなやさしくて、助けられて楽しんでいたとおもう。

(楽しまないで研究に没頭すればよかったのだけどw)

 

まあ、常に年齢という問題は頭の中にあって、売り時をなんとかしろ、女は若くないとだめなんだ、既婚者も就職できなくなるぞ、みたいな迷信だか真実だかわからない情報が入ってくる。

 

ただ、唯一の存在になれば別にそういうことを考えなくてもいい。自分の決めたタイミングで自分の決めた仕事をできるんだから。

 

そのために、とにかく、思考と技術を確立していこうと思う。

 

 

 

google-site-verification: google455992f648fef4f1.html