わたしは複利の女      そう金利で増えてく女なの

育英会から1500万円借りて寝れなくなって猛勉強! 1000万貯めて資産運用

高齢者:祖母が買い物をやめたとたんに痴呆が悪化した

高齢者:祖母が買い物をやめたとたんに痴呆が悪化した

 

祖父母とはかなり離れて暮らしていたが、祖父にすごくかわいがられたので1年に一度は遊びに行っていた。(行くとおこづかいもらってたりしました)

 

 第一子を産んでから祖父は亡くなっていたが祖母は健在だったので、家に遊びに行ったら帰宅できなくなり一か月ほど一緒に暮らしたことがある。そのとき、今から考えると痴呆の初期だったようで、優しかった祖母は性格がすごくわるくなったような、とても悲しい気持ちになった記憶がある(現在入院中)。

 

 祖母は足が悪くて、年だからという理由で原付も禁止され、自分で買い物にいける範囲にお店がなくなっていた。叔父が優しさで週に一度買い物をして冷蔵庫にいれておきそこから料理をつくって食べるという生活をしていた。

 

 これは、私にも経験があるが、快適ではない。人が買っておいた食材だと料理を作るのが楽しくないのだ。自分で買い物に行き、考えながら食材との出会いを楽しみ、それを気持ちの熱いまま料理するというのが理想。(庭の前が畑で入手とかでもいいけど)

 

 

www3.nhk.or.jp

 

年をとっても、気軽にいける範囲に買い物ができる場所があるって必要なことなんだなと実感している。

★高齢者は自分の土地から離れたくない

★買い物をする場所が減っている

ということを考えると、こういうことが当たり前になればいいのになぁと。

(日常生活にとりいれられたらなぁと)

 

これから数年間で地方都市の要・不要が決まるのではないかと思っている。失敗すると廃屋だらけになる、成功すると活性化する、ようなイメージ。山形県みたいな新しいことをすすんでできる自治体は強そうだと感じた。

 

追記:私は、祖父にすごくかわいがられたから、高齢者に対する愛があるのかなと思う。老害という言葉にとりあえず悲しみを感じる。もちろん、感情を切り離せば、高齢者が増加しすぎるという人口のアンバランスによる不具合の解消は大切だと思うが、それと高齢者に対するよくわからない発言をして生きづらくしてしまうことは違う。高齢者は未来の自分でもある。変な発言をしたら、そのときの自分の首をしめていることでもある。