わたしは複利の女      そう金利で増えてく女なの

育英会から1500万円借りて寝れなくなって猛勉強! 1000万貯めて資産運用

子供や育てるひとがたのしくいきられる世界

子供や育てるひとが

たのしくいきられる世界

 

世の中には子育て・出産のネガティブなイメージがあふれているとおもいませんか?

 

わたしはどうも、楽しいって聞いたら楽しくなるし

楽しいって思い込んだら楽しくなる

そういう人間なんです

 

だから、子育ての本当に楽しいことを発信するって必要かな?と思ってます(自分に対して)

 

まあね、子3人がそれぞれ主張をする現在、全部は聞けないし、

一時的に「わーーーー!」ってなることもあります

だから、初心にもどって子供ができたときのしあわせなきもちをのこしておきたいとおもいます

 

 

子供ができたとき最初におもったこと

「不思議うれしい」

「これで父を幸せにできるかもしれない」

「寿司がまずい」

そしておなかに赤ちゃんがいることをよく忘れて崖を上り下りしたりしてました。

 

 

産んでそばにいておもったこと

 

「かわいい、かわいい、かわいい」

「幼い子というのは神に近い存在」(バリ島ではこう考えるそう)

「自分だけのものとおもうのではなく、お預かりしている、尊い存在」

 

目の前で生きている幼いあかちゃんをみると

 

たぶん、血がつながっているとか繋がっていないとかあまり関係なくて

 

本当に愛されるために生まれてきた存在なんだって感じました

 

それまでの人生でうまくいかないことが多かった印象で

(なにかをなしとげられていない焦燥感を感じてた)

 

こどもの日々の成長はとてもクリエイティブな毎日を体験させてくれて

 

自分の世界がかわっていくのを感じました

 

 

世の中には、産まない選択をするひと、産めないひと、いろいろな違いがあって

そのひと本人の意志を応援したいとおもっています

 

そういうひとはそういうひとでそのままで自分の選択で生きてほしい

 

 

ただ、子供の存在は本当にものすごく尊い存在

あたらしい命がそばにいるとほんとうに元気になれる

それはヒトだけではない、犬や猫のあかちゃん、もそういう存在だとおもう

 

 

子供や育てるひとがたのしくいきられる

そんな世界が理想です