わたしは複利の女      そう金利で増えてく女なの

育英会から1500万円借りて寝れなくなって猛勉強! 1000万貯めて資産運用

チュニジアのドウーズから自然遺産の砂漠にいった2009

f:id:Blue2sky:20180719170605j:plain

 

チュニジアのドウーズから自然遺産の砂漠にいった2009

 

砂漠にいくための旅行でした、初めての砂漠

美しかったなぁ。砂漠の薔薇も貰いました。

砂漠の一つの山が大きいことがこの場所の特徴だそうです。

 

 

 

2009年、親友が自宅にネットを借りにきた。チュニジア行きチケットが安いから行くと。ネットで調べてあげているうちに行きたくなって同行することに…

 

個人手配旅行は初めてでした。

 

それから数ヶ月、ネットで色々調べてメールかスカイプで個人手配してホテルをとり、ドウーズから自然遺産の砂漠にいくための車を手配した。日本語や日本人に頼むと数倍の価格になるため英語で手配した。英語できないけど中学英語でやればなんとかなった。

 

飛行機のチケットはアリタリア航空で当時再生中だということで激安価格。ローマでストップオーバーもすることにした。

 

日本→ローマ1泊2日→チュニジアチュニス1泊→ドウーズーまでローカルバス→ドウーズーで2泊3日の車をチャーター→塩湖に立ち寄り自然遺産の砂漠でラグジュアリーテントの五つ星ホテル→マトマタ(スターウォーズの撮影に使われた宿)→電車でスース→チュニスに戻り3泊という日程でした。友達とは、ホテルで待ち合わせで別行動が多かったので半分一人旅のようなものでした。ちなみに、海外での私は、日が暮れたらホテルで寝る、早起きしてなるべく動く、地元のひとと触れ合うという感じです。地元のひとと飲み会とかできたら良いのですが、小心者過ぎて昼間しかおしゃべりしてません…

 

チュニスの街では、日本人が珍しいからついていっていい?とずっとついてくる人がいたり、博物館や歴史的名所の職員の方々もかなり親切でずっと説明しながらついてきてくれた。博物館はバックヤードまで案内してくれた。博物館は数年後テロで人が亡くなっていて案内してくれた親切な人でないことを祈りました。

 

私が日本に船便を送ろうとしたら英語のできる人がチュニジア語に翻訳してくれ、足りないものを買いに連れていってくれたりした。チュニスの人はムスリムでも緩やかな衣装だしムスリムではない格好の女の人もたくさんいた。

 

途中の田舎町でローカルバスで一人でウロウロしていたときの女の人は厳格なムスリムで指差しチュニジア語で会話したら、一人で旅に出れる自由な女の人が羨ましいと言われた。

 

 チュニス最後の夜にマーケットで買い物をしていたら、英語の先生をしてるよというかなりイケメンの男の人が街を案内してあげるよ。と言われて案内だけなら・・と街を歩いた。

 

 案内してるうちに遠くまでいき、妹の家がここの地下にあるから一緒にこない?と言われて地下についていくのは怖かったので、

「ごめんなさい、そこには行かないで待っている。」といって買い物をしていた。なんとなく地下は怖かった。悪い人では無さそうだったんだけど、その後、戻ってきて、断ったのにホテルまで送ると言われて送ってくれた。

 

何だったんだろう?あの地下室は?と今でも謎です。まあ、おしゃべり沢山して楽しかったので、写真とれば良かったなぁ。ただ、英語の先生で英語の発音に自信があるらしいけど、発音の悪いアメリカ英語な私に、チュニジア訛の発音で訂正されるのはなんだか不思議でした。

 

そういえば、ローマのホテルからでたら、オンボロタクシーに空港まで行くよ!と言われて、値段交渉してOKしたのだけど、高速道路で、

 

「渋滞だからもうつかないよー!飛行機キャンセルして!」というイタリアンジョークを五回くらい繰り返された。

 

友達がキレてドアあけて下りようとしてました…。私は、少しだけ不安になりながら嘘だろうと思ってニコニコしてたら、そんな風に笑顔でいると誘拐にあうよ…と言われました。そういえば、なんで笑ってたんだろう?

 

10日間の写真を整理しなおしてまた書いていく予定です。

読んでいただきありがとうございました。

 

blue2sky.hateblo.jp

 

 

blue2sky.hateblo.jp

 

 

blue2sky.hateblo.jp

 

 

blue2sky.hateblo.jp

 

 

blue2sky.hateblo.jp

 

 

blue2sky.hateblo.jp

 

 

blue2sky.hateblo.jp