わたしは複利の女      そう金利で増えてく女なの

育英会から1500万円借りて寝れなくなって猛勉強! 1000万貯めて資産運用

山頂で突然の雷雨にあったとき

山頂で突然の雷雨にあったとき

 

ある時期、私は、よく、一人でザックをもって山に登っていた。

ある日、山頂で突然の雷雨にあった。

走って戻っても森林までは30分以上…

膝下の草本しかない山頂付近でかなりピンチ!!!

 

その山は何回も繰り返し登っている山で、地元のひとが山岳信仰をしている山だった。昔、初めて登ったときに、祠の場所を教えて貰っていた。山頂のすぐ裏に雨風しのげる岩屋のようなものがあるのだ。とりあえず、雷をしのげそうな場所はそこしかなかったので、その祠にいった。山頂に落ちた雷もあったと思う。

 

ドキドキしながら雷雨が過ぎ去るのを待った。1時間くらいで過ぎ去ってくれたのだが、あのときは、もしかしたら、雷にうたれて死亡するのかもしれないと少し感じていた。事実、山頂にはよく雷が落ちるらしい。

 

人間の力ではどうしようもない自然の力を体感するのは楽しい。

そして、あの祠に命を救われたと感謝している。

 

今の私は、電車の中でザックをかかえた人を羨ましく見つめるくらいしかできてないけれど、いつか登れる日のために体を鍛えておきたい。