わたしは複利の女      そう金利で増えてく女なの

育英会から1500万円借りて寝れなくなって猛勉強! 1000万貯めて資産運用

高齢者:祖母が買い物をやめたとたんに痴呆が悪化した

高齢者:祖母が買い物をやめたとたんに痴呆が悪化した

 

祖父母とはかなり離れて暮らしていたが、祖父にすごくかわいがられたので1年に一度は遊びに行っていた。(行くとおこづかいもらってたりしました)

 

 第一子を産んでから祖父は亡くなっていたが祖母は健在だったので、家に遊びに行ったら帰宅できなくなり一か月ほど一緒に暮らしたことがある。そのとき、今から考えると痴呆の初期だったようで、優しかった祖母は性格がすごくわるくなったような、とても悲しい気持ちになった記憶がある(現在入院中)。

 

 祖母は足が悪くて、年だからという理由で原付も禁止され、自分で買い物にいける範囲にお店がなくなっていた。叔父が優しさで週に一度買い物をして冷蔵庫にいれておきそこから料理をつくって食べるという生活をしていた。

 

 これは、私にも経験があるが、快適ではない。人が買っておいた食材だと料理を作るのが楽しくないのだ。自分で買い物に行き、考えながら食材との出会いを楽しみ、それを気持ちの熱いまま料理するというのが理想。(庭の前が畑で入手とかでもいいけど)

 

 

www3.nhk.or.jp

 

年をとっても、気軽にいける範囲に買い物ができる場所があるって必要なことなんだなと実感している。

★高齢者は自分の土地から離れたくない

★買い物をする場所が減っている

ということを考えると、こういうことが当たり前になればいいのになぁと。

(日常生活にとりいれられたらなぁと)

 

これから数年間で地方都市の要・不要が決まるのではないかと思っている。失敗すると廃屋だらけになる、成功すると活性化する、ようなイメージ。山形県みたいな新しいことをすすんでできる自治体は強そうだと感じた。

 

追記:私は、祖父にすごくかわいがられたから、高齢者に対する愛があるのかなと思う。老害という言葉にとりあえず悲しみを感じる。もちろん、感情を切り離せば、高齢者が増加しすぎるという人口のアンバランスによる不具合の解消は大切だと思うが、それと高齢者に対するよくわからない発言をして生きづらくしてしまうことは違う。高齢者は未来の自分でもある。変な発言をしたら、そのときの自分の首をしめていることでもある。

 

 

 

 

 

離婚回避:夫婦関係を修復するためにやった3つのこと

離婚回避:夫婦関係を修復するためにやった3つのこと

 

結婚10年目で、けっこう仲良くやっていたのですが、ここ半年くらいありえないくらいの関係の悪さでした。

★子供が離婚してもいいよと言っていたレベルの険悪度

★数か月無視された

★数か月金銭のやりとりもなかった(入金・出金の履歴をみせない)

 

解決策(戦略的ではないです。振り返ればこんなことをしてました。)

1母子で旅行にいった

2とりあえず離婚についての補助などを全て調べてみた

3離婚を決意して義理母に話した

 

旅行に行く直前くらいから、無視が解除されました。なにごともなかったかのように。

もちろん、数か月の無視に関していきなり解除されてこちらは感情がついていかないので、しばらくは許せなかったのですが、解除されて2か月経過した現在、まあいいか・・。と思うようになってしまいました。

 

そこで、数か月先の超豪華旅行を誕生日に設定すれば許すということにしました。でも、どうしてこんなことが起きたのかいまでも理解できない。(ちなみに夫は浮気するタイプではなさそう)5年間に一度くらいの割合でこういうことが起きてますね・・・。バイオリズムということなのかもしれません。

 

そして、私は感情が追いつかず。ここ数日イライラしてしまうのも、後遺症みたいなかんじなんだろうなと思います。

 

離婚を真剣に考えたのは初めてだったのでおもったこと

★収入だけに頼らないといけない場合かなり生活レベルが下がる

★母子家庭というだけで快適に住める場所が限られる(日本の場合)

 

この二つがあるので、子持ちで離婚する場合(とくに子供が多い場合)

夫にものすごく問題があるときを除いて離婚して幸せを感じることは少ない

のではないか?と思いました。

(無視がもっと続いていたら離婚したかも)

 

しばらく、夫がその状態だったので、子供たちが夫を大嫌いになっていたのですが、

最近、また落ち着いたようで子供にやさしくなり、子供たちが夫に笑顔を見せるようになりました。先日は、数か月ぶりに「パパ」といって抱きつく末っ子2歳を見て、平和になってよかったなと思いました。

(夫が浮気するタイプじゃないとはいえ浮気した可能性もあるなとは思うw)

 

 

 

 

 

 

大切な宝物

大切な宝物

何歳までなんだろうか?とりあえず2歳の宝物は駐車場の石ころです。

これはみんな大好きなので、車の中に石があふれます。

たまに、よく磨かれたきれいな石も大切にもって遊びます。

 

5歳の大切なものは「ママへのお手紙」「折り紙や絵」

8歳の大切なものは「お友達へのお手紙」

それぞれの年齢の大切な宝物をママは捨てられないのですが

写真に撮影して捨てていかないとたまる一方なんだよねぇ。

 

8歳くらいになるとある程度なんでもできるようになるので

子離れ、親離れの時期なのかなと思う。

うちはまだ、末っ子が2歳だからか、

 

8歳も

 

1「だっこー♡」とか

2「妹たちばかり抱っこしてずるい泣」とか

3「妹たちのほうがママが必要だからいってあげて・・・。」

 

など申し出てきます。

 

 

さて、ママが一番抱っこしてあげたくなるのはどれでしょう?

 

 

もちろん、3ですねぇ。これ、自覚してこういう発言なのか?はたして素でいっているのか?少し気になるところではあります♡

ベランダにパンが一枚あった

ベランダにパンが一枚あった

 

ベランダにいつもは買わない高級パンが一枚置いてあることにきづいた

 

ママ「なに?!だれかなぁ?次女ちゃんかしら?」

 

次女(5)「ちがうよー」

 

ママ「え?あやしい・・・(パスポート鋏で切り刻んだ前科がある)」

 

長女(8)がやってきて「どうしたの?」

「はーい!わたしでーす。鳥さんがこないかな?と思って♡」

 

 

どうしたらいいのでしょうか?

子育てって難しいですね。

とりあえず、いつもは買わない天然酵母のパンなので鳥にあげるのはやめてほしい。

と値段を示して言うことにする泣

泡のたたないシャンプーがすごい

泡のたたないシャンプーがすごい

 

この前、偶然試供品(ココナッツリリーの香り)を使ってその便利さにびっくりして購入した商品。匂いが違ってたけどこちらも良い香り。1kg売りしているのはこの香だけです。他の香りもキャンペーンのうちに買おうかな♡

 

何がすごいって、シャンプーとリンスが一つになっているタイプだとトリートメント効果があまりなかったりするのでこまってたのですが、これはトリートメント効果がすごい!それに香りが好き♡(香りが強いのが嫌いな人は試供品をためしてみたほうがよさそうです。)

 昨日、届いてさっそく使ったら髪の調子がいいので、時短をしたい方にお勧めです♡

 


 


 

 

 

 

 

 

 

↓標準サイズだと他の匂いもあります。茶色がココナッツリリー。


 

 

 

blue2sky.hateblo.jp

 

 

blue2sky.hateblo.jp

 

 

 

 

自分の中の支出基準を決めていく

自分の中の支出基準を決めていく

 

 

1)支出をおさえる(底値を記憶してそれより安いなら購入。年間計画で購入。)

これはどうも、月や週で計画したほうがやりやすい人もいるみたいなのでやってみてやりやすい方法を探すといいようです。そういえば、わたしも週とか月でやったことがあるのですが面倒すぎて続かず。概算で年間計画を頭にいれておくのが一番楽ちん。

 

★つづけるポイントは無理しない。可愛いものがほしいのでそういうのは無視しないで可愛くて予算内の質の高いものを求めます。(あまり衝動買いはしない)

 

2)他人と比較しない

これは性格にもよりますが、私はあまり人を伺わないタイプなので人が買っているから買うとかそういう支出は無いです。それが許される環境に恵まれているのもあるのですが。それから、見栄というのが無いようなのでそういう支出も無いです。これは幸せになるためにも大切なのかな?と思います。見栄のための行動では幸せになれません。

 

3)自分の欲しいものは子供からのチューとか抱っこみたいなお金では買えないものが一番であるので、特に我慢はしてないですし、贅沢だ!と言われても節約旅行にはお金を投入します。このあたりでバランスとっているようです。また、欲しいものは100均とかでも十分満足することが多いです。100均すごい♡

 

 

以下関連する記事です。読んでいただけたら幸いです。

blue2sky.hateblo.jp

 

 

blue2sky.hateblo.jp

 

 

blue2sky.hateblo.jp

 

季節の大掃除ログ

季節の大掃除ログ

★洋服衣替え

★小さくなった洋服捨てる

★いらない服を捨てる

★水回りを塩素消毒、漬け置き

チャイルドシート洗濯

★掃除機

★床磨き

 

まわりの人々は常にモデルルームのような家を維持している方ばかり。

なのでめちゃくちゃ、断シャリ!とか思うんですが。

そういうの苦手なうえに、子供三人の細かいものがたくさんある我が家。

モデルルームとは程遠い。

でも、まあ、2年ぶりにお掃除の家庭教師(勝手にそう呼んでいる母の友人の友人)に来ていただき一緒にお掃除をしてもらいました。人がくるとやる気でます!

普段の3倍速で動けたのですっきり!

こうやって、たまにスイッチをいれると、しばらく維持できるので、定期的にきてもらおうかなぁ・・・。

 

これ、1時間でこの価格ならありかな、とおもいつつあります↓

 

 

お掃除が得意な人は↓